News&Blog

News&Blog

超浅鍼

鍼灸治療を行うには「はり師」「きゅう師」という二つの国家資格が必要です。『治療』という言葉を使えるのも特徴です。国家資格がないカイロプラクティックや整体などは治療という表現が使えません。

ちなみに『マッサージ』という表現にも法律の制限があり、以前までは法律を守らずに『マッサージ』という表現を使うケースも多かったですが、最近は『リラクゼーション』や『トリートメント』という表現になってきています。

ただ、国家資格である「はり師」「きゅう師」を取得しても、『どういう鍼灸治療をするのか?』は、鍼灸師によって異なります。

太いものが多い中国針や細いものが多い日本針など鍼の太さ、使い捨てなのか素材はなにかなど使う鍼の種類、本数などなど・・・

WHO(世界保健機関)や世界的な医療に関する評価のおまとめサイトコクランでも鍼灸の研究が進んでいて、日々情報が進化しています。その情報をキャッチアップして、鍼灸治療を改善し続けているのかどうか。

シンプルにいうと、鍼灸治療は鍼灸師、鍼灸院によって大きな差があります。

YI’N YANGでは大きな効果と、痛みがない治療、『お風呂上がりのような気持ちよさ』と言われる心地よさを実現するために『超浅鍼』というオリジナルメソッドを中心に鍼灸治療を行います。

文字通り、ごく浅く鍼を刺す鍼灸治療です。

そんな『超浅鍼』についてYI’N YANG鍼灸師たちがコラムでご紹介しました。ぜひYI’N YANGで『超浅鍼』を体験してください。