News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 月経痛・生理痛
  4. 生理痛を和らげる方法
生理痛を和らげる方法

生理痛を和らげる方法

著者:徳田

「生理痛(月経痛)が辛くて仕事に集中できない」「腹痛だけでなく、頭痛や吐き気もあってつらい」など、毎月の生理で悩んでいませんか?女性の3人に1人が鎮痛剤がないと生理期間を過ごせないとも言われています。

痛みの度合いには個人差がありますが、原因疾患がない場合の生理痛は日常の体のメンテナンスで和らげることができます。

今回は生理期間を少しでも快適に過ごすためのセルフケア、そして、生理痛の軽減や体質改善のために鍼灸治療がオススメな理由を記事にしました。

最後まで読んでもらえるとうれしいです。

どんな生理痛に悩んでいる人が多いの?

特に薬を飲まなくても生理期間を過ごせる人もいれば、毎回鎮痛剤を飲まないと過ごせない人、仕事や家事が手につかないほど日常生活にも影響を及ぼす人もいます。

鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらなかったり、出血量が多すぎるなどの場合は一度婦人科を受診しましょう。

原因疾患がない場合の生理痛には下記のような例があります。

  • 腹痛
  • 下腹部痛
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 気分の落ち込み、イライラ
  • お腹が緩む、下痢をしやすい

挙げればキリがないですが、本当に女性って大変…

そしてこれが毎月訪れると思うと「次の生理が憂鬱」なんて方も少なくないと思います。

なぜ生理痛は起こるの?

生理痛が起こるメカニズムは様々ありますが、一例を挙げます。

プロスタグランジンの影響

生理中は、子宮を収縮させ、剥がれ落ちた子宮内膜を経血とともに体の外に押し出す働きをしてくれる「プロスタグランジン」が分泌されます。

人によってプロスタグランジンの分泌量が多かったり、子宮の中に停滞するなどが原因で腹痛や腰痛が起こります。また、胃腸の働きに影響を与えるため吐き気や下痢の原因にもなります。

エストロゲンの低下

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが原因で、頭痛を起こす場合があります。

エストロゲンの分泌量は月経周期に合わせて変化しますが、急減するタイミングである生理前や生理中、排卵前に頭痛を感じる方が多いと言われています。

血行不良

子宮まわりの血流が悪くなることによって骨盤回りを中心に腰痛となったり、腹痛、冷えやむくみの原因となります。

自律神経の乱れ

「社会人になってから生理痛が強くなった」「仕事の繁忙期でプレッシャーがかかっている」「人間関係の悩み」など、過度なストレスが原因で自律神経のバランスが崩れることも生理痛の悪化要因です。

生理痛・月経痛がひどい時の対処法

温める

腹痛や腰痛などは温めることで和らぎます。日頃患者さんを見させて頂く中でも、ご自身で思っている以上に冷えていることが多いです。

プロスタグランジンの分泌量が多いと骨盤内の血流も悪くなり、痛みが強くなります。腹巻き、入浴、カイロ、お灸など…痛みがある場合は温めることを優先してくださいね。

軽い運動やストレッチ

しんどくて動かないでいると、さらに血流が滞ってしまいます。肩を回すと肩まわりがポカポカしてきますよね。それと同じように腰回しをしたり、股関節の軽いストレッチなどを取り入れることで骨盤回りの血流が良くなり、生理痛が緩和されます。無理しない程度の、軽めの運動が良いです。

食事

吐き気を抑えるのに効果的なのは「生姜」。食欲がないときにも生姜湯はオススメです。

また、生姜の辛み成分であるジンゲロールとショウガオールの作用は生理痛への鎮痛効果があるという研究もあります。

生理痛の原因となる体質を改善する

毎月の生理を快適に過ごすために「鍼灸治療を受ける」という方法もあります。

患者さんのお話を伺うと、環境の変化や仕事での過度なプレッシャー、人間関係、暴飲暴食や睡眠の質など、さまざまな要因が絡み合って「生理痛」として出てきていると感じます。

鍼灸治療では、一人ひとりの症状を見て、体のどの部分に不調が出ているかを見極めます。

  • お腹の状態からその人の持っている体質、内臓や心身の状態を見る
  • 脈を診て、臓腑の不調や体の状態を確認
  • 冷えが強い場合には体を温め冷えを取り除き、血流を改善
  • 自律神経の乱れが強い場合、鍼灸で全身の巡りをよく
  • 首や肩に過度な緊張がみられたら、鍼やお灸をして筋肉を良い状態に

施術内容は人によって異なりますが、体全体のバランスを整える鍼灸を行います。

続けることで、生理痛や不調を感じづらい体質に導いていきます。

鍼灸で毎月の生理の負担を減らす

初潮から閉経まで、平均40年と言われています。仮に28日周期で毎月5日間が生理期間だとすると、一生のうち6年9か月以上も生理と付き合うことになります。

生理痛がつらい時には、今回紹介したセルフケアを取り入れてみてください。

そして、鍼灸治療が生理痛を和らげる選択肢のひとつになることを知ってもらえたらと思います。

インヤンでは、一人ひとりに合った優しい鍼灸で生理期間を快適に過ごすためのサポートをしています。

書ききれなかったセルフケアや食養生もお伝えしていきますので、どんなことでもご相談ください。

関連記事