News&Blog

News&Blog

月経痛・生理痛の鍼灸治療

月経痛・生理痛とは

月経期間中に起こる下腹部の痛みや腰痛などを一般的に「生理痛・月経痛」と呼びますが、時には頭痛や吐き気などを伴うこともあります。

生理痛は、臓器に病変がない「機能性月経困難症」と骨盤内にある臓器に病変があることが原因で痛みを生じる「器質性月経困難症」の2つに分類されます。

生理痛や月経痛は、多少の痛みであれば問題はありませんが、ひどい痛みがある場合や出血が多い場合などは、病気が原因で痛みを生じる事がありますので、「辛くて寝込んでしまう」や「痛くて仕事にいけない」など日常生活に支障が出ている場合や痛みが長く続く場合には、無理せずに婦人科などを受診することが大切です。

月経痛・生理痛改善と鍼灸治療はとても相性が良いので、YI’N YANG鍼灸師たちがコラムでご紹介しました。ご興味がある方の参考になれば嬉しいです。

月経痛・生理痛でお困りの方は気軽に鍼灸師にご相談ください。

月経痛・生理痛の種類

主に月経痛と生理痛は下記の通りに分類されます。

機能性月経困難症

骨盤内にある子宮などの臓器そのものに損傷がないにも関わらず腹痛を生じます。

子宮が収縮すると痛みを生じますが、子宮を収縮させる作用がある「プロスタグランジン」が月経期に過剰に生産される事が原因とされています。

器質性月経困難症

骨盤内にある臓器に器質的な病変(子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症)があることで生理痛などを生じます。

子宮内膜症

20代から30代に多く発症する子宮内膜症は本来は子宮内にある子宮内膜という組織が子宮外で増えてしまう病気です。
「痛み」と「不妊」が特徴ですが、子宮内膜症の患者の約90%に生理痛・月経痛がみられます。
月経期間中に限らず、排便痛や性交痛がみられるのも特徴です。

子宮筋腫

30代以上に発症しやすい子宮筋腫は、子宮にできる腫瘍ですが、ガン(悪性腫瘍)ではなく珍しくない腫瘍です。
「痛み」と「出血過多」が主な症状ですが、それ以外では月経期間以外での出血や腰痛、頻尿など、腫瘍ができる場所によって症状が変わってきます。

子宮腺筋症

30代から40代以上に発症しやすい子宮腺筋腫は、子宮内膜に似た組織が子宮筋層にできることで子宮が炎症し、大きくなる病気です。
「痛み」と「出血過多」「骨盤痛」が主な症状ですが、出血過多による貧血などもみられるようになります。

生理痛の症状

生理痛とは、女性の月経周期に伴う痛みを指します。生理痛の症状には、以下のようなものがあります。

・腰痛、腹部痛、背中の痛み
・骨盤部の痛み
・太ももや足首の痛み
・頭痛、めまい、眼の痛み
・疲れや不眠
・水分を多く含んだ腫れた感、腹部の膨満感

生理痛は、女性のホルモンバランスの変化によって引き起こされることが多いです。
特に、プロゲステロンとエストロゲンの比率の変化が原因と考えられています。

生理痛は、一般的に軽度から中程度の痛みであり、通常は自然な現象として受け入れられています。しかし、重度の生理痛や、日常生活に支障をきたすほどの痛みがある場合は、医師に相談することをお勧めします。

月経痛・生理痛に対する鍼灸治療の効果

生理痛に対する鍼灸治療の科学的根拠は、臨床研究によって明らかになってきています。
これらの研究によると、鍼灸は痛みの減少、症状の軽減、ホルモンバランスの調整などの効果をもたらすことが示されています。
また、鍼灸は炎症を抑制する作用をもつことが知られており、炎症が原因で引き起こされる生理痛に対しても効果を発揮することが示唆されています。
さらに、鍼灸は脳内にある痛覚調節に関わる神経細胞を活性化し、痛みを緩和する作用を持つことも知られています。

鍼灸は、生理痛や月経痛に対して効果的な治療法とされていますが、主に腹部や骨盤周りの鍼を使用することで、痛みを緩和し、血流を促進することができます。
また、生理痛に関連したツボを使用することで、生理痛の発生を抑制する効果も期待できます。

月経前症候群(PMS)・生理痛・月経痛に対して鍼灸は有効性があるという研究結果もあります。
生理痛の治療には、他にも、薬物療法、生活習慣の変化などがあります。
生理痛の治療には、医師と相談し、適切な治療を受けることが重要です。

東洋医学的な月経痛・生理痛の原因

東洋医学では、生理痛の原因として、「内臓のバランスが崩れること」が考えられます。それにより、血流や液体のバランスが崩れ、痛みを引き起こすと考えられています。

東洋医学では、陰陽のバランスや五行のバランスが崩れることで、内臓のバランスが崩れ、痛みを引き起こすと考えられます。

また、ストレスや不健康な生活習慣、不適切な食生活などが、内臓のバランスを崩し、生理痛を引き起こす原因と考えられます。
東洋医学は、これらの原因を解消し、内臓のバランスを整えることで、生理痛を改善することを目的としています。

人によって原因は様々ですが、生理痛の東洋医学による診断では、大きく「冷え」「ストレス」「虚弱」の3つのタイプに体質を分けて鍼灸治療を行います。

冷え

お腹を温めると痛みが軽減するこのタイプはお腹や背中をお灸で温め、骨盤内の血流量を改善させながら全身の鍼灸治療を行います。
また、冷えに加えてむくみ傾向になりがちな為、身体に溜まった余計な水の巡りを改善するような鍼灸治療も合わせて行うと効果が出やすくなります。

ストレス

痛みに加えて「お腹が張る」「胸が張る」など張った感じが強いこのタイプは心身が過緊張状態にあるため、お腹の張りが強い箇所に直接軽い鍼やお灸を行いながら滞った血流を改善させるような鍼灸治療を行います。
また、首肩の凝りや痛みや「イライラする」といった情緒を伴うことが多い為に、背中から首までの凝りを緩めなが心身の緊張をとっていくと快調に向かいます。

虚弱

強い疲労やストレスなどにより体力が低下しているこのタイプは、東洋医学でいう「気血」を補う治療を主に行います。
お腹をお灸で温めたり気力が回復しやすくなるツボなどを使いながら全身の鍼灸治療を行います。

月経痛・生理痛に対する鍼灸治療の治療方針

生理痛に対する鍼灸治療は、主に腰部や腹部、骨盤部などのツボを刺激することによって、痛みを軽減し、生理痛の症状を改善することを目的として行われます。
具体的には、以下のような穴道を使用することが一般的です。

三陰交

腰部や骨盤部の痛みを軽減するために使用されます。

腎兪

腰痛や腹部の痛みを軽減するために使用されます。

大腸兪

腹部の痛みや不快感を軽減するために使用されます。

鍼灸治療は、1回の治療ではなく数回の継続的な治療が必要です。生理痛が重度である場合や、長期間にわたって痛みが続く場合は、医師と相談しながら治療を行うことをお勧めします。

生理痛の対処療法としてバファリンやロキソニン、イブなどの鎮痛剤を飲む方が多いですが、月経痛・生理痛に関する鍼灸治療は対処療法ではなく、根本治療に重きをおいています。