News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 不妊治療
  4. 鍼灸による不妊治療 妊娠に向けた治療
鍼灸による不妊治療 妊娠に向けた治療

鍼灸による不妊治療 妊娠に向けた治療

横山奨 著者:横山(YI’N YANG総院長)

妊娠に向けて

鍼灸による不妊治療、いわゆる不妊鍼灸は「こんな鍼灸治療を行うと不妊症だった人が妊娠します!」というようなものではありません。実際は妊娠に向けた身体づくりや、生活習慣を含めてトータルで考え、鍼灸治療の観点から診た妊娠しやすい身体と環境を目指していくのが不妊鍼灸です。

妊娠しやすい身体とは?病院での不妊治療

では妊娠しやすい身体とはどんなものでしょうか。それにはまず不妊症といものがどの様なものか簡単に説明します。

不妊症とは、妊娠を希望する健康な男女が避妊せず性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しない状態をいいます。「一定期間」とは、日本産婦人科学会では「1年というのが一般的である」と定義しています。または子宮内膜症や子宮筋腫、その他の病気によって排卵に支障をきたしていたり、男性側の精子の運動率や量が少ないことも不妊症といわれます。

このように、器質的疾患と呼ばれる、画像検査で身体の組織に異常がみられるものや、血液検査でホルモンバランスの異常が見つかった場合はそれを治療していくことになります。器質的疾患の場合には、以前から月経の異常がある可能性が高いため月経痛や月経不順の鍼灸治療そのものが不妊鍼灸・妊娠に向けた鍼灸治療という事が言えます。

病院での検査で特に異常がない場合、多くはタイミング法から試していくことになります。タイミング法→排卵誘発法→人工授精→体外受精→顕微授精とステップアップしていくなかで、卵子のグレードや精子の質、受精卵のグレード、ホルモンの数値などは非常に重視されますが、心身が充実した状態かどうかはあまり優先されません。鍼灸治療ではそこに着目します。

妊娠しやすい身体とは?不妊鍼灸

鍼灸での妊娠に向けた身体づくりの第一は骨盤周りの血行を良くしておくこと、子宮や卵巣の周辺環境を整えておくことです。実はそれだけで妊娠しやすくなる場合があります。

病院の不妊治療で妊娠した場合はもちろんそれで良い訳ですが、鍼灸院に来院する不妊症の方々は不妊治療で結果が出なかった、もしくは不妊治療は継続しているがもっと何か別な事を加えたいと思って来院される方がほとんどです。ですので、それまで行っていなかった鍼灸治療が加わることで病院での不妊治療が良い方向に向かう場合が多いと感じています。

 鍼灸での妊娠に向けた身体づくりの第二は、例えば、身体が冷える、頭痛がある、首肩の緊張が強いなどの身体にある様々な症状を治療する事です。妊娠についてはどの様なメカニズムで妊娠するのかはわかってきていますが、最後の最後なぜ妊娠するのか?妊娠から出産に向かうプロセスの全てが解明されているわけではありません。

そのため「何をすると妊娠の可能性が高まるか?」ということよりも「妊娠しにくいと思われる要素を生活のなかでできるだけ少なくしていく」ほうが効果的です。鍼灸治療では、妊娠とは一見関係なさそうな症状を治療していくことで身体が妊娠しやすい環境を作ることができます。

精神的に負担が大きい不妊治療

不妊治療で最も大変なのが精神的な負担です。本当に妊娠できるのか、今行っている不妊治療はどんな治療なのか、使用している薬は、病院に行く時間の確保や仕事の調整など多くの事に気を使い、時間と身体を使い、費用もかかる、本当に大変な治療です。

鍼灸ではそれらの疑問や不安に出来るだけ答えるようにできます。病院ではなかなか説明の時間を取れないこともありますが、鍼灸治療ではお一人お一人にしっかり時間をかけて治療するので詳しくお話を伺い、不妊治療に関する様々なご相談にお答えすることができます。

実はタイプに合わせて病院選びがある

不妊治療を行う病院には、実は色んな方針の病院があります。どこも同じではありません。以前は御三家と呼ばれる病院での不妊治療が多かった印象ですが、最近では様々な病院が出来ておりそれぞれに特徴があり得意分野があります。これはやはり国民皆保険制度でない自費による医療の良い所だと思います。年齢や身体の状態、生活環境によって選ぶべき病院は変わります。

鍼灸治療で身体の症状を治療しながら病院についても相談できるのもYI’N YANGの不妊鍼灸の特徴です。

関連記事