News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ファスティング(断食)
  4. ファスティングって何が良いの?①血液の浄化 後編
ファスティングって何が良いの?①血液の浄化 後編

ファスティングって何が良いの?①血液の浄化 後編

古賀はる菜 著者:来間(YI’N YANG GINZA)

前回のコラムで、ファスティングによる血液浄化について簡単にお伝えさせていただきました。

今回は、血液を浄化したらどんな良い事がカラダに起きるのかを一緒に見ていきたいと思います。

血液の働き

まず、血液の働きにどんな物があるのでしょうか?

  • ガス交換(全身のO2、CO2の運搬&回収)
  • 血中栄養素の調節(水分、たんぱく質、ミネラルなどの調節)
  • 栄養の運搬(全身の細胞に栄養を運搬&老廃物の回収)
  • ホルモンの運搬(全身にホルモンを運搬)
  • 免疫機能(体内に細菌が侵入した時に貪食する)
  • 止血作用(血管に損傷があった時に血栓を作って止血)

などなど、血液は色々な働きをしてくれているのが分かると思います。

特に全身に何かを運んだり、不要な物を回収するという大切な働きをしてくれています。

栄養や酸素を口から取り込んでそれを全身に巡らせてくれているのは血液というわけです。

つまり、この血液が汚れていて上手く運搬作業がなされていないとどんなに栄養や酸素を取り込んでも必要な場所にしっかりと行き届かないということが起こりうるということです。

逆に血液がキレイな状態だと、全身の細胞に栄養や酸素の供給がスムーズに行われ、老廃物の回収もきちんと行われるため細胞の修復能力がぐんとアップします!

よく、ファスティングには美肌効果があるなんて聞きますが、そのメカニズムは血液がキレイになったことによる嬉しい副産物だったわけです。

ファスティングで腰痛改善!?

ファスティングによる血液の浄化で細胞の修復能力がアップすることはここまででご理解いただけたかと思います。

カラダの最小単位である細胞が元気になるということは、なんだかカラダが元気になるのでは、、、?

ということを漠然と想像された方もいらっしゃると思います。

はい。そうなんです。正解です!

感じ方には個人差がありますが、ファスティングを実践した方の多くの方は肩こりや腰痛が軽くなったとおっしゃっていただきます。

実際にあった事例として、ギックリ腰で来院したNさん。

歩くのもやっとでお仕事もお休みされていました。

とりあえず、腰の痛みをどうにかしたいとのことでしたが治療しながらお話をしているとファスティングが前々から気になってたとの事だったので急遽、ファスティングを実施することに!

Nさんは7日間のファスティングを実践してくださったのですが、ファスティングが終わる頃には腰の痛みどころか、いつもよりカラダも軽く感じると喜ばれてました。

また、ぎっくり腰は時々なってしまうとのことでしたが以前よりも回復が早いとも驚かれてました!

鍼灸治療も併用をしていたこともありますが、ファスティングでカラダの修復能力がぐんとアップしたことが早く治った要因の1つかと思います。

肌もキレイになって、肩こりや腰痛も改善!

ファスティングって良いことずくめなんです。

ぜひ、ファスティングを実践してカラダの中からキレイに健康になっていただけたらと思います。

関連記事