News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 腰痛
  4. 「腰痛には鍼灸が効く」とは
「腰痛には鍼灸が効く」とは

「腰痛には鍼灸が効く」とは

湯淺葉月 著者:葉月(YI’N YANG GINZA)

もはや人類の相棒、腰痛

 腰痛。当院でもご相談が多い症状です。プライベートでも「鍼灸師です」と自己紹介した途端に四方を囲まれ始まる相談祭りの上位です。そこでよく言われるのが『鍼灸って腰痛によく効くんでしょう??まだ受けたことないけど』というフレーズです。

初めて鍼灸院にいらっしゃる方も「知人に腰痛には鍼灸と聴いたので…」「ぎっくり腰には鍼灸がいいと聴いたので…」という方が多いです。さて鍼灸の何がそんなに腰痛に効くのでしょうね?マッサージや病院との違いをお伝えできればと思います。

特異的腰痛と非特異的腰痛

そもそも腰痛とは?

腰が痛いこと。それはそう!しかし原因によってできること、とるべき対応は変わってきます。大まかに特異的腰痛と非特異的腰痛に分けることができます。

漢字が多いので難しそうに聞こえますがなんてことはありません。

  • 原因がはっきりしている腰痛=特異的腰痛
  • 原因が特定しきれない腰痛=非特異的腰痛

ということです。このうち原因がはっきりしている腰痛とは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折や感染症など検査によって組織の変異や損傷、所見がわかるもののことです。

原因がはっきりしないものは理学的所見や画像所見が乏しく、「うーん。血行不良と運動不足ですね。ロキソニンテープを出しておきます。運動とストレッチをお願いします」と言われがちなものです。どちらの場合も鍼灸治療は「適応可」となります。(後述しますが、治療なのか緩和なのか治癒促進としてなのかは各種症状によります)

ここでいう理学所見とは主に整形外科などで見てもらう分野がメインですので、骨や筋肉に所見がなくても悪性の腫瘍や内臓性疾患(腎疾患や胆石)、膀胱直腸障害や中枢神経症状を伴う疾患などの可能性もあります。

これらの内臓疾患が原因の場合は早急に内科や循環器など各種専門科での受診と治療を受けていただき、プラスで鍼灸を考えていただくこととなります。

腰痛に鍼灸が効く理由

痛みのメカニズムとして「血行不良」「冷え」「筋肉の硬直」などが大きく関わってきます。末梢神経の傷や血行不良により『痛みを感じる物質』が血液中に発生し、動かない場所や問題が起こっている場所に留まり続けることで痛みの持続があります。つまり局所的な代謝の不良とも言えるのです。図のようなサイクルをたち切るのが腰痛の治療の目的となります。

  • 興奮した神経の鎮静
  • 血行の促進
  • 刺激を受ける脳の感度の平均化
  • 筋肉の緊張緩和

などが効果的となりますが、いずれも鍼灸の得意分野なのです。

腰痛が内側からほぐれるような鍼灸

血行を促進するだけであればマッサージや運動で十分かと思われますが、鍼灸ならではのポイントがいくつかあります。

①自律神経による血行促進

マッサージでは主に運動によって収縮する筋肉のポンプの動きを擬似的に再現することで血行を促し、緊張した筋肉を柔らかくしています。ですが血液の循環が行われているのは外側から触れる筋肉だけではありません。内臓や脳にも血行不良や緊張は生まれるのです。東洋医学的に腰痛の原因として寒邪(かんじゃ)や腎虚(じんきょ)と呼ばれるからだの状態があります。内臓の疲れ、食事による臓器の冷え、外部からの冷えの刺激。これらによる体内の冷えや血行不良は手でなかなか触れるものではありませんが、鍼灸では皮膚を刺激することにより”動いてもらうこと”が可能です。また『痛みを感知しやすくなっている』からだの状態も落ち着かせることとなります。

②とっても静か

ぎっくり腰やヘルニアなどの場合、運動という選択肢が困難だと思います。でも安静にしているだけでは改善しないのも事実です。もちろん急性期の炎症状態の時に運動したら余計悪化し治癒が遅くなるのですけれども…!鍼灸では無理な体制や運動を最小限に血行の促進や神経の鎮静が可能です。ある程度症状を落ち着かせてからご自身で食事や習慣を変えていただくことが可能です。

③東洋医学という別視点

理屈的には発痛物質の代謝、血行促進、神経の鎮静さえできればよいので、ロキソニンテープを貼って痛みが落ち着いてきたら運動。またはマッサージでも全〜然いいと思います!ですが鍼灸院にいらっしゃる多くの方は何度も再発していたり慢性化している方が多いのも事実。東洋医学では西洋医学とちょっと違うルールでからだを見ていきます。普段の生活で気をつけられることや気をつけるべき前兆は「えっ そんなことも?」というものをお伝え出来るかもしれません。また『やるべきことは全部やっている』いう慢性腰痛のプロの方も、鍼灸ではまだ後押し出来ることがあるかもしれません。

でも腰痛予防には結局運動・食事・睡眠は大事

 さて鍼灸が腰痛にいいという理由、お分かりいただけたでしょうか…?私としてはお客様には常に「筋肉と猫は裏切らない」と伝えています(笑)。どんなに鍼灸でその日に調整しても、日々の積み重ねには勝てません。鍼灸は薬や不思議なエネルギーを注入するのではなく、ご自身のからだに備わっているものを利用しているだけです。治癒の材料となる食事や休息は必要不可欠です。もちろん体操やストレッチによる循環も。ヘルニアなどの神経への圧迫が痛みの原因である場合は、筋肉の緊張を和らげ腰椎をひっぱている筋肉を柔らかくし、同時に腰椎を正しいいちに固定できる筋肉のコルセットを作ることで解消する方も多いです。

重ねて申し上げますが、鍼灸はご自身の持っているものを利用するにすぎません。であればこそ、「変わっていきたい」というお気持ちにはお伝え出来ることがたくさんあるかと思います!

「ところで猫は腰痛になんの関係があるんだよ」という方はぜひ私に会いにきていただければと思います。語りましょう…

関連記事