News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 腰痛
  4. 腰痛と鍼灸治療
腰痛と鍼灸治療

腰痛と鍼灸治療

著者:高田 (YI’N YANG GINZA)

 身体のお悩みで、「腰痛」持ちなんです。というようなことをよく耳にします。

「腰痛」があると言っても、さまざまな症状の方がいますよね。

今回は、その「腰痛」と鍼灸治療の相性の良さについてお話ししていきたいと思います。

腰痛はどう治す?

 まず、「腰痛」の定義として、疾患の名前ではなく、腰部を主とした痛みや張り、不快感といった症状の総称のことを言います。

時折、痛む程度の人から、常に腰が痛い、重だるいなどの症状を抱える人まで、さまざまな方が居ると思います。

日常生活に支障がなければ、ストレッチや運動などを取り入れながら、上手に付き合いながら生活している人も多いのではないでしょうか。

 その「腰痛」をどうにかしようと思った時、世間一般では、まずは痛いから病院へ行こうとなるわけです。

病院へ行くと、レントゲンやMRIなどの検査をして原因を調べることになると思うのですが、実際には、原因不明と言われることも多いです。

せっかく調べても、原因がわからないなんて、どうしたらいいんだー!となりますよね。

もし、原因がわかった場合も、手術の適応でないと、病院では、痛み止めの薬と湿布をもらうといった対処療法になり、根本的な解決が難しいのが現状です。

腰痛と鍼灸

 原因はわからないけど、痛みが出るというと、お手上げのように思いますが、そんな時は、ぜひ、鍼灸治療を受けてほしいと思います。

痛みがある場所へ鍼灸治療をすることによって、血流を促し、筋緊張の緩和を図ります。

また、鍼をすることで、痛みを出す物質自体を抑え、痛みを軽減できるとも言われています。

痛みを感じる場所、周囲をしっかり触診させていただき、鍼灸治療を行っていきます。

 鍼灸治療って、「腰痛」だからこういう治療を行ったらいいって、マニュアルになっているわけではないので、治療院ごとや、はたまた鍼灸師それぞれで、治療のやり方が多種多様です。

だからこそ、原因がわからないとされる症状を持つ患者さんに合った治療を行うことのできる鍼灸治療は「腰痛」と相性がいいのではないか、と考えます。

 鍼灸治療を受けたことがないと、最初は痛い怖いというイメージを持ちやすいかと思いますが、当院は、痛みなく心地よい「超浅鍼」と、火傷や痕が残らない優しいお灸を使用して治療をするため、お気軽に、お身体の相談をしていただければと思います。

腰痛の原因がわかる場合も、治療を続けていくことによって、痛みの改善や状態の悪化を防ぐことに繋がりますよ。

とはいえ、時に、腰痛は内臓疾患の予兆となる症状でもあるので、鍼灸やセルフケアに頼っておけば大丈夫ということでもありません。そのようなことも含め、お身体のお悩みがあれば、ぜひ、当院にご相談くださいませ。

関連記事