News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 自律神経失調症
  4. 自律神経の乱れとは?ツボで対策しよう

自律神経の乱れとは?ツボで対策しよう

徳田 葉菜美 著者:徳田 葉菜美

自律神経とは何か?

そもそも私たちの体には“神経“と呼ばれる、脳と身体の各器官がやりとりをする道のようなものがあります。

神経を大きく分けると2種類あり、一つは脳から脊髄までを繋いでいる神経の束である中枢神経。もうひとつが中枢神経から全身位網目のように張り巡らされている末梢神経です。

このうち末梢神経はさらに2つに分けることができ、ひとつが内臓や血管の働きをコントロールし、体内の働きを整える自律神経と言われる神経です。これは自分の意志ではコントロールできない特徴があります。

もう一つは体性神経。筋肉を動かしたり身体が感じた感覚を伝える役目があります。

特に自律神経は心臓を動かしたり呼吸をしたり、食べ物を消化して栄養素を吸収するなど生命を維持する機能を担っています。生命の維持に関わるというとなんだか重要そうな気がしてきますよね。もう少し深掘りしていきます。

交感神経と副交感神経

自律神経には交感神経副交感神経があります。

交感神経とは身体をアクティブにさせる神経。車に例えるとアクセルの役割をしていて、交感神経が優位に働いていると血管が収縮し、心拍数と血圧が上昇して身体が興奮した状態になります。

副交感神経は身体をリラックスさせる神経で、車で言うとブレーキのような役割。副交感神経が優位に働いていると血管が緩み、心拍数や血圧が低下して身体がリラックスした状態になります。

この2つの神経は1日の中で交互に働いています。

だからこそ日中は活発に活動ができ、夜はゆっくりと休むことができる仕組みになっています。

自律神経が乱れるために起こる不調とは?

どんな人にも備わっている自律神経の仕組み。

しかし、自律神経は不規則な生活やストレス(怒りや不安など)、気候の変化といったいろんな要因でバランスが崩れてしまいます。

①交感神経が過剰になると起きる不調

ストレスを感じ続けると自律神経のバランスが崩れてしまいます。

具体的には怒りや不安などのストレスを感じ続けると交感神経が過剰に優位になります。

交感神経は血管を収縮させるため血管が細くなり、血流が悪くなっていきます。

血流が悪くなると脳へ酸素や栄養素を送ることができなくなります。

  • 記憶力や判断力の低下
  • 内臓の働きの低下
  • 消化吸収が悪くなる(老廃物を出せずに体内に溜まって不調が起きる)
  • 便秘や下痢、肌や髪、爪などの再生が遅くなる
  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 倦怠感
  • 冷え

こういった不調は自律神経の乱れから起きていると言えます。

②副交感神経が過剰になると起きる不調

逆に活動量が少ないと副交感神経が過剰に優位になり、下記のような不調が起こりやすいです。

  • やる気が起きない、無気力状態が続く
  • 集中力がない
  • 喜びの感情が感じられなくなったり鬱症状が出やすくなる
  • 花粉症などのアレルギー症状が出やすい

また、10代と比較して年齢を重ねることで自律神経の乱れが起きやすくなるとも言われています。

自律神経を整える方法

自律神経を整える方法、様々な書籍やテレビでも挙げられていますが良く言われるのは以下のようなものではないでしょうか。

①生活習慣を整える

  • 睡眠リズムを整える
  • 目覚めたら日光を浴びる
  • 寝る30分前はスマホやテレビを消す
  • 腸内環境を整える

②適度な運動習慣

  • ラジオ体操
  • 青竹踏み

③心を整える

基本的なことは変わらないのですが、現代社会において仕事の時間帯や環境は人によっても大きく異なりますし、実際に全てを完璧に実行するのが難しいこともあると思います。

規則正しいって?腸内環境を整えるって?

あまり神経質になりすぎず、自分の中でのちょうど良いバランスを探って行くことが養生の一つだと思っています。

私は鍼灸師やセラピストとして健康に携わる仕事をしていますが、これまでにホテル勤務や飲食、デスクワークなどのお仕事も経験させてもらったので、割とハードな日々を送っていた時期がありました。夜勤で昼夜逆転の生活をしていたこともあるので、自分で何とかしたくてもどうにもできず体調が思わしくないこともありました。体も心も悲鳴を上げたとき、鍼灸に助けられたことは多々あります。

自律神経を整えるツボ

ツボを刺激することで自律神経の調整に働きかけるツボがあるのをご存知ですか?

10秒くらい気持ち良い強さで押して→離す というようなツボ押しの刺激も効果的です◎

今回は2つほどツボをご紹介しますので試してみてください!

百会:頭頂部のほぼ真ん中あたり。両耳を結んだ点と鼻から上に上がる線が交わるところ。

百会

神門:手首の横ジワの小指側。触ると少し硬いところに触れる(腱)のでその内側のくぼみ

神門

鍼灸治療ではより一人ひとりの身体の状態を見極めていくので、より自律神経のバランスを整えるのに効果的です。

もちろん、セルフケアでできることはたくさんあるので治療の中でお伝えしています。

自分ではどうしようもできない心身の不調にお悩みの際はぜひインヤンの鍼灸治療で癒されてくださいね。

関連記事