News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. めまい
  4. めまいのお話
めまいのお話

めまいのお話

堀江 インヤン著者:堀江 (YI’N YANG GINZA)

あ、まただよ。きたきた、ぐーるぐる。やばいな、立ってられないな…。

ひどい場合は吐き気も伴うこともある辛いめまい。今回のテーマはそんな「めまい」のお話。

めまいとは

”めまい”と一口に言っても、その症状や程度は実は様々。

 くらっと立ち眩みがしたり、目の前が暗くなったり霞んだりするものや、

 自分の身体のまわりが(或いは自分が)ぐるぐる回る感じがしたり、吐き気を伴うもの、

 また、体がふわふわして足元がおぼつかない感じがするもの、

などなど、自分や周囲が実際には変化していないのに、動いたり暗くなったりする様に感じる感覚のことをめまいといいます。

めまいの原因

ぐるぐるタイプ

  自分の周囲が回転する様に感じたり、或いは物が上下や左右に動く様に感じたりするタイプです。

  耳の奥の内耳には、自分の身体の平衡感覚を保つための器官があるのですが、ぐるぐるタイプは、この内耳の器官に何らかの急激な異常が起こって生じることが多いです。

 また、このタイプは耳の病気が原因で起こることが多いので、難聴を伴う事も多いとされています。

ふわふわタイプ

  雲の上を歩いている様に感じたり、自分がふらふら揺れていると感じたりするタイプ。

  中枢神経の疾患や、中耳炎が進行してもっと奥の内耳にまで炎症が及んだ時などに起こります。炎症は急激には進まないので、激しいめまいにはなりにくいと考えられています。

  また、ぐるぐるタイプのめまいが慢性化してふらふらと動揺性のめまいに変わってくる場合もあります。

くらっとタイプ 

  立ち上がる時に目前が暗くなったり、くらくらっとするタイプ。所謂“立ち眩み“もこのタイプです。

  低血圧や貧血、不整脈で、脳にゆく血液が足りず、めまいなります。立ち眩みは、急な血圧変動によって、脳に血液が回り辛くなったことによるもの。

  また、疲れ・ストレスが重なったり、自律神経疾患で起こる場合もある様です。

 いずれのめまいも、頻繁に起きたり、定期的に強いめまいがあるなら早めに医療機関を受診しておく事をお勧めします。

また、

  •  激しい腰痛
  •  痙攣や、手足に力が入りにくくなる
  •  顔や身体の半分が麻痺した様な感覚
  •  視界が狭くなった様に感じる

こんな症状がある場合は、脳の問題が疑われますので、すぐに専門医を受診してくださいね。

東洋医学からみためまい

 東洋医学では、健康な心身は生命活動の原動力である“気“と、全身を滋養する“血“が、全身を隈なく巡り充実していると考えられています。

 めまいは大きく分けると、

何らかの異常でこの気血が脳・内示を含む頭部へ上昇できないタイプと、余分なものが頭部へ上昇してぐるぐると動くタイプがあります。

めまいの治し方

 長く続くめまいや激しいめまい、まずは医療機関の受診をお勧めします。

 けれど、病院の検査で“異常なし”とされていたり、お薬を服用してもなかなか変化がない方、スッキリと治らない方、鍼灸治療が効果的な場合も多いです。

 WHO(世界保健機構)が発表している鍼灸治療の適応疾患には

  •  めまいや、その原因ともなる自律神経失調症を含む神経系疾患
  •  辛いめまいや吐き気の原因であるメニエール病を含む耳鼻咽喉科系疾患
  •  高血圧/低血圧症などを含む循環器系疾患
  •  更年期障害含む婦人科系疾患

等々があり、めまい自体やめまいに関連する疾患に鍼灸治療が有効であると認められています。

 当院の鍼灸治療では、東洋医学的にも気血をめぐらせられない原因や、頭部を巡る余分なものが生じた原因を考えながら、それぞれの原因・症状に応じたツボをとり、施術をしていきます。

 医療機関や薬の服用で効果が得にくい方、当院の鍼灸治療でお役に立てることがあるかもしれません。どうぞ一度ご相談くださいね。

君の自律神経より。

敬具

関連記事