News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新型コロナウイルス後遺症
  4. コロナ後遺症(ロングコビッド)に鍼灸治療が有効な主な症状
YI'N YANG LOGO

コロナ後遺症(ロングコビッド)に鍼灸治療が有効な主な症状

当鍼灸院では、新型コロナウイルス感染症の後遺症(ロングコビッド)の治療を行っています。

コロナ感染後の療養期間を終えた後に発熱などの症状は回復したものの、倦怠感やブレーンフォグ、咳(せき)、胃酸逆流などの後遺症状(罹患後症状)に悩む患者様がみられます。
これらのコロナ後遺症状は、軽いものから数ヶ月以上症状が消失しなかったり、消失後に再び症状が現れるケースなど様々です。
また、「症状が良くなるか心配」など不安が原因で症状が悪化したり、2次的に精神不安や不眠にかかる方もいらっしゃいます。

鍼灸治療を受診することで、症状の程度を下げたり、治癒しやすい身体へ体質を改善したりする効果が期待できます。
コロナ後遺症患者は、身体が過敏になっている傾向が多くみられるため、当鍼灸院では刺激が少ない鍼技術を用いたり、ソフトな温かさを感じるお灸を使ったり、身体に負担がかからない治療を行います。
まずは日常生活や職場への復帰を目標にコロナ後遺症そのもの治療を行いつつ、不安症状など精神的な安定を図る様に心がけています。
また、食事など日常生活の注意点やアドバイスなども合わせて行います。
他の医療機関で思った効果が得られなかった方が、薬物治療やリハビリ、漢方と併用して鍼灸を受診することも可能です。

受診にあたり、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
ご相談はこちら>>

コロナ後遺症に対する鍼灸治療の効果

鍼灸を取り入れたコロナ後遺症の治療を行っている「ヒラハタクリニック」の平畑光一先生と当鍼灸院の横山奨院長が、コロナ後遺症に対して鍼灸がどんな効果を発揮できるのか対談しました。
ヒラハタクリニック公式HP
コロナ後遺症に関するまとめ
出演した動画はこちら↓

ロングバージョンの動画はこちら↓

鍼灸治療の効果が期待できるコロナ後遺症の主な症状

大阪府が行ったコロナ後遺症状の統計では、デルタ株からオミクロン株となり、後遺症状が変わってきています。デルタ株では、主に「嗅覚異常」「味覚異常」が多く診られていましたが、オミクロン株流行後には出現が減っています。オミクロン株以降では、「倦怠感」「咳」が出現頻度が多くなっています。
大阪府における後遺症相談件数の推移

倦怠感

コロナ後遺症状の中(特にオミクロン株以降)で最も多くみられるのが倦怠感です。
「怠い(ダルい)」「身体が重たい」「すぐ横になりたがる」など身体が「疲れた」と感じる状態が続く場合が多くみられます。
一日中倦怠感を感じる方や、「朝方が特にしんどい」「食後に辛くなる」など、症状が一日の中で変動して出現する場合など様々です。
程度もさまざまで、軽い倦怠感から酷くなると「慢性疲労症候群・筋痛性脳脊髄炎(CFS/ME)」へ移行するケースもあります。

鍼灸の治療方針

コロナ感染症による発熱や、その他の症状が慢性化する事で体力を激しく消費し、回復力が低下している場合に倦怠感が強くみられます。
この場合、食欲不振や下痢など胃腸が虚弱になっている事が多く、お腹へのお灸や鍼を用いて胃腸の機能を整えながら全身治療を行います。
また、不安感が続くと倦怠感が出現する傾向があるので、不安による筋緊張(特に首肩こりなど)を緩めながら治療していきます。

胃酸逆流・胃食道逆流症(GERD)

コロナ感染後、胃酸逆流(胃酸が食道を逆流してくる)が起きやすい事が知られています。
「酸っぱいものが上がっている」「胸やけがする」「喉に異物感がある」などの一般的な胃食道逆流症に加え、「喉が乾いて寝れない(寝付気ない・目が覚める)」「動悸や息切れがする」などの症状が現れるのが特徴です。
また、繰り返す胃酸逆流による倦怠感の悪化や頭痛などの症状を併発する場合も多くみられます。
鍼灸では胃酸逆流そのももの程度を下げることに加え、付随してくる症状もコントロールしやすくなります。

鍼灸の治療方針

「このまま倦怠感が治らなかったらどうしよう」など他のコロナ後遺症状が精神的なストレスになり、身体が過緊張状態になると起こりやすい為、原因となる他の症状を治療しながら全身の緊張をとっていきます。
コロナ後遺症による胃酸逆流特有の「喉の乾き・動悸」などの症状は、過緊張が軽減されていくと改善されていきます。
胃酸逆流自体が精神的ストレスになり、喉の渇きや動悸を引き起こす悪循環にならないように注意しながら消化機能を整える作用があるお腹へのお灸や鍼を行いながら治療を行います。
油っこいもの、甘いものなどを避け、食後3時間はベッドに入らないなど胃腸に負担をかけないように指導したり睡眠時の逆流を防ぐために、上半身が少し上がるように工夫するなど生活指導も行います。

咳・痰(たん)・息苦しさ・動悸

オミクロン株以降でよく診られる呼吸器系の症状です。
「ケホケホ」と数回で収まるから「むせるほど咳込む」などの程度の違いや、空咳(痰がない)や痰を伴う咳まで様々なタイプがあるコロナ後遺症でよくみられる症状です。
呼吸器の炎症が強い場合は、痰が増え粘り気が強くなりますが、その場合は痰の消失まである程度治療に時間を要します。
また、長引く咳により呼吸機能が低下することで「少し動いただけで息が苦しい」など息苦しさや動悸などの症状が出現することも多いです。

鍼灸の治療方針

咳や痰のタイプを問診から聞き分けて治療方針を組み立てますが、併発する全身症状にも注意しながら、合わせて治療を行っていきます。
痰が出る場合は、呼吸器の治療に加えて胃腸の状態を整えて治療する事で咳や痰の症状が軽減しやすくなります。
また、長引いた咳により呼吸筋(胸の前や横隔膜)が緊張するため、凝った呼吸筋や気道(首)を緩めたり、生活指導も行います。
治療を重ねて呼吸器の機能が正常化してくると息苦しさや動悸も合わせて軽減されていきます。

不眠・不安

コロナ後遺症の代表的な咳や胃酸逆流などの症状が、直接睡眠を妨げていたり、なかなか良くならない症状が原因となり、結果的に精神不安や睡眠障害を引き起こすケースも多くみられます。

鍼灸の治療方針

「咳がこの先ずっと治らなかったらどうしよう」など、2次的に不安を生じるケースがほとんどで、その原因になっている症状を主に治療していきますが、不安があると身体が緊張しやすい(特に首や肩)ため、首や肩の筋肉を緩めながら全身の治療を行っていきます。
不安感が軽減され睡眠が十分に取れるようになると他の症状も改善していく事が多いです。
不安状態が強かったり長引くと、食欲不振などを併発しやすくなるので、胃腸症状にも注意しながら治療を行っていきます。

当鍼灸院のコロナ後遺症の鍼灸治療について

対象者

現在コロナに感染しておらず、コロナ感染から2週間以上経過していて後遺症と診られる症状がある方

施術料金

初回:7,000円(90分程度) 2回目以降:8,500円(60分程度)
通院しやすい月額会員を用意しています。
詳細はこちら>>

治療方針・通院頻度について

当鍼灸院では、例え同じ症状でも原因や治療箇所は人それぞれだと考えています。
また、程度についても様々な為、通院頻度は様々ですが、目安として月に2回程度の治療を2、3ヶ月程度行います。
詳細な治療方針や通院頻度は、初回来院時に東洋医学的な診察を基に説明致します。

ご予約方法・お問合せ

お電話・オンライン予約・公式LINEからご予約が可能です。
ご予約はこちら>>

関連記事