News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新型コロナウイルス後遺症
  4. 【咳・喘息様の症状】コロナ後遺症  (新型コロナウイルス感染症の後遺症) の鍼灸治療
コロナ後遺症の咳・喘息様の症状に対する鍼灸治療

【咳・喘息様の症状】コロナ後遺症  (新型コロナウイルス感染症の後遺症) の鍼灸治療

コロナ後遺症の咳・喘息に関する鍼灸治療の効果

コロナ後遺症の症状のなかに「咳・喘息様の症状」があります。
一番多いのは倦怠感ですが、咳や喘息に似た症状も併発している場合があります。
胃酸や食べ物などの胃の内容物が食道に逆流することによって起こる逆流性食道炎など、コロナ後遺症は消化器系症状のがクローズアップされますが、長引く咳や喘息に似た症状もよくみかける症状です。。

咳・喘息はコロナ後遺症に限らず鍼灸治療が有効であるという報告は以前からあり、東洋医学も得意とする症状のひとつです。

【A Randomized, Placebo-Controlled Trial of Acupuncture in Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) 】

(慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における鍼治療のランダム化プラセボ対照試験)

https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/1151703

この論文は慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気に対して鍼灸治療が有効であったという論文です。この論文は日本呼吸器科学会でもとても評価され、近年の鍼灸研究で世界的にも評価の高い論文のひとつです。
この論文の中で、鍼灸治療は慢性閉塞性肺疾患(COPD)にともなう呼吸困難に対して有効であったとしています。

呼吸が浅い、呼吸し難い状態、喘息などはその最たるものですが、そのような状態に鍼灸治療は有効であるといえるでしょう。
コロナ後遺症の症状のひとつである咳・喘息様の症状にも鍼灸治療は有用な治療手段のひとつです。

ベーシックな治療頻度としては、1週間に1度の鍼灸治療を2ヶ月ほど続けるとコロナ後遺症の症状が軽減されることが多いのが、YI’N YANGでのコロナ後遺症に対する鍼灸治療の傾向です。

まずはお身体の状態を確認させていただき、どんな鍼灸治療の方法がフィットするかを治療経過をみながら施術者とご相談いただき、少しでも不具合なく生活できるようにみなさまを全力でサポートいたします。

コロナ後遺症に関する情報はこちらのページをご参考に。

最新のコロナ後遺症 (新型コロナウイルス感染症の後遺症) に関する詳しい情報はヒラハタクリニックHPをご覧ください。

https://www.hirahata-clinic.or.jp/covid19/

関連記事