News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ後遺症の鍼灸治療
  4. 【ワクチン接種後の疲労】コロナワクチン副反応の鍼灸治療
【ワクチン接種後の疲労】コロナワクチン副反応の鍼灸治療

【ワクチン接種後の疲労】コロナワクチン副反応の鍼灸治療

コロナワクチン接種後の疲労に対する鍼灸治療の効果

 コロナ後遺症の主要な症状に「倦怠感」があります。コロナ後遺症の症状といえば倦怠感といっても差し支えないでしょう。症状は人によって差がありますが、起き上がれないほどの倦怠感から、少し動くと出てくる倦怠感、朝だけでる倦怠感など様々です。

 これに対してコロナワクチン接種後の副反応に「疲労」があります。疲労と倦怠感はとてもよく似ています。疲労の事を倦怠感と表現する場合もありますし、その逆もあります。線引きが難しい部分ですが、鍼灸治療、東洋医学においてはほとんど同等の症状として扱います。体力や精神力も含めた身体の能力そのものが下がっていると判断して、機能を高める、睡眠がしやすいようにする、食事の消化吸収を円滑に効率良くする、などの治療を行うと症状が緩和されてきます。疲労の治療に関しては鍼灸治療が有効であるという報告は以前からありました。特に価値のある報告としてこちらの論文をご紹介します。

【Efficacy of Contact Needle Therapy for Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy.】

(癌化学療法誘発性末梢神経障害に対する接触鍼治療の有効性)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3671681/

 この論文は、「癌の化学療法に伴って発症する末梢神経障害に対して皮膚に接触させるような優しい刺激の鍼灸治療が有効であった。」というものです。この論文の中で、倦怠感や疲労についても触れており、倦怠感の改善もみられたとしています。癌の化学療法に伴う倦怠感や疲労も重い場合が多く、コロナ後遺症の倦怠感やワクチン長期副反応の疲労とよく似ています。

 

慢性疲労症候群に対する鍼治療の検討

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam1981/44/3/44_3_238/_pdf/-char/ja

 こちらの報告はやや古い報告ではありますが、コロナ後遺症やワクチン長期副反応の方で慢性疲労症候群の診断が出る方もいらっしゃるので参考になります。

 この報告でも倦怠感や疲労に対する鍼灸は有効であるとしています。慢性疲労症候群の中心的症状である激しい疲労感については鍼灸治療1ヵ月目から変化がみられ、2ヵ月後には1例 を除いてすべての症例にPS(パフォーマンスステータス)による疲労度は著しく改善し、いずれも良い経過であった。としています。

 これらふたつの論文とYI’N YANGで治療していただいているコロナ後遺症やワクチン長期副反応の治療経過が重なることが多いです。倦怠感や疲労の変化自体には差があるものの、他の症状に変化がみられると、倦怠感や疲労も改善してくる事が多いようです。

 ベーシックな治療頻度としては、1週間に1度の鍼灸治療を2ヶ月ほど続けると倦怠感が軽減されることが多いのが、YI’N YANGでのコロナ後遺症の倦怠感に対する鍼灸治療の傾向です。

 まずはお身体の状態を確認させていただき、どんな鍼灸治療の方法がフィットするかを治療経過をみながら施術者とご相談いただき、少しでも不具合なく生活できるようにみなさまを全力でサポートいたします。

コロナ後遺症に関する情報はこちらのページをご参考に。

関連記事