News&Blog

News&Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ後遺症の鍼灸治療
  4. 【ワクチン接種後の悪寒】コロナワクチン副反応の鍼灸治療
【ワクチン接種後の悪寒】コロナワクチン副反応の鍼灸治療

【ワクチン接種後の悪寒】コロナワクチン副反応の鍼灸治療

コロナワクチン接種後の悪寒に関する鍼灸治療の効果

 コロナワクチン副反応の症状のなかに「悪寒」があります。一番多いのは倦怠感や疲労ですが、悪寒もコロナ副反応の症状のひとつとされています。悪寒はコロナ後遺症やワクチン副反応に限らず鍼灸治療が有効です。悪寒は主には風邪症状のひとつですが、現代医療の中では重要視されない症状になります。東洋医学では、傷寒病と呼ばれる急性熱性疾患(いわゆる風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルス感染症も含む)の状態を判断する重要な症状のひとつです。悪寒があるということは寒・冷えによって身体が病んでいると判断されます。寒(冷え)によって身体の機能が低下して風邪を引いたり、寒(冷え)て身体の免疫機能が低下すると、ウイルスに感染しやすい土壌ができあがります。つまり身体が弱って感染します。寒(冷え)にはそれほどの影響力があります。東洋医学からみると、冬場にインフルエンザが流行する背景には寒(冷え)が影響しています。現代では、夏場も冷房による寒(冷え)があり、昔の傷寒病とは違うタイプの傷寒病も存在します。。

鍼灸と身体の免疫の関係性

 2014年に出版された「鍼灸臨床最新科学 ーメカニズムとエビデンスー」には免疫系に関する鍼灸の作用のまとめがあり、それを簡単にご紹介すると、

①鍼灸治療は身体の免疫のメイン細胞であるNK細胞を増殖して活性化させる。

 NK細胞はがん細胞など身体のなかにある異物を攻撃する兵隊役である、リンパ球の一種です。 直訳すると『生まれながらの殺し屋』という名前の通り、がん細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を見つけ次第、攻撃します。

②鍼灸治療は様々なサイトカインの産生を促し、抗体産生能を高める。

 サイトカインは主にタンパク質からできており、細胞から生産・分泌される物質です。サイトカインは細胞同士の情報を伝達し、免疫細胞を活性化させたり抑制したりするはたらきを持っており、免疫機能のバランスを保つための重要な役割を担っています。抗体を産生する能力を高める働きがあります。

③鍼灸治療は自律神経系や内因性オピオイドを介して免疫機能に影響を与える。

 自律神経系は血圧や呼吸数など、体内の特定のプロセスを調節している神経系です。  自律神経系の病気は、体のあらゆる部分とあらゆるプロセスに影響を及ぼす可能性があります。内因性オピオイドは体内で作られ、生体に危機が迫ったときに放出される物質で、身体の機能を著しく高めます。

 鍼灸治療はこれらの免疫機能を高める可能性があるため悪寒の治療にも効果を発揮する場合があります。また新型コロナウイルス感染症の後遺症やワクチン副反応は、風邪様の症状も多く身体の免疫機能を高めることは早期の回復につながります。

 ベーシックな治療頻度としては、1週間に1度の鍼灸治療を2ヶ月ほど続けるとコロナ後遺症やワクチン副反応の症状が軽減されることが多いのが、YI’N YANGでのコロナ後遺症あワクチン副反応に対する鍼灸治療の傾向です。

 まずはお身体の状態を確認させていただき、どんな鍼灸治療の方法がフィットするかを治療経過をみながら施術者とご相談いただき、少しでも不具合なく生活できるようにみなさまを全力でサポートいたします。

コロナ後遺症に関する情報はこちらのページをご参考に。

関連記事